書初の練習

今日も一般部ですごいものを持って来てくださった方がいました。

智永の『真草千字文』を全臨した半紙を綴じて

本の形にしてあります。

保存しやすく後で見返しやすいようにと、加藤先生に勧められたもの。

字も力強く、素晴らしい仕上がりです。

これは記念になりますね。


お稽古した半紙や半切はポイポイ捨ててしまうわたしですが、

こうやって取っておくのもいいですねー。



こちらは学生部です。

今日は見学者も来て、盛り上がるふれあい書道教室です。

 

まずはみゆうちゃんとゆきのちゃんの書初から。

提出は年明けなのでまだまだ時間はありますが

かなりいい線いってます。

 

新しい大きな筆を買ってもらって張り切っているみゆうちゃん。

「ひ」がもっと大きくなればほぼばっちりだね。

ゆきのちゃんは「明」と「年」の字を練習しましょう。

 

ふたりとも前回風邪でお休みしたせいか

すごくがんばってます。頑張り屋さんはいつものことだけどね。

みゆうちゃんなんか書初のほかに、月例の毛筆・硬筆・文字のすがたも書くという獅子奮迅ぶり。

「文字のすがた」は「門」の行書です。

どれもみゆうちゃんらしい元気な文字です。

ゆきのちゃんももちろん毛筆・硬筆は仕上げました。

高学年はいちいち課題が難しいので、一日にいくつも書くのはとてもたいへんですが、

そこはさすがにゆきのちゃんですね。

さて、ゆうなちゃんは「飽きた」ということで書初の練習はお休み。

いつもの通り硬筆と「文字のすがた」を書きました。「文字のすがた」は「門」の草書体です。

書く前は「早く帰りたい。2枚しか書かない」と言っていましたが、結局たくさん書いていましたよ。

おかげでいい作品ができました。よかったよかった。

お問い合わせ先

若原晃子

TEL:045-453-6044

       080-5699-7152

EMAIL:wakahara@ae.auone-net.jp

 

akiko.w822@gmail.com

 

「お問い合わせ」のページにメールフォームがあります。

 

         

ご訪問者数:

現在の閲覧者数: